サロンブログ

2012.07.24
足裏が痛くなくなった、内臓に変化が・・・

【お客様の声】

今、気付いたんですが…
毎日やっている足裏マッサージで痛かった、直腸とかの辺りの、左のかかと付近が痛くないんです。
勿論、ゴリゴリはしてますが、あの鈍い痛さは無いんです!
『ホントに?』って思って、めっちゃグリグリしてみたんですが、やっぱり痛くないんです(´ψψ`)

どんなに調子の良い時でも痛かったのに。
これって、内臓を上に上げてもらったのと絶対に関係ありますよね?ね?

【クレールのコメント】

よくご自身のお体を観察されていて素晴らしいです!
じっくり観察すると体というのはとても面白いですよね。
本当に正直で、ありのままに表してきます。
歳と共に内臓は下がっていく人が多く(内臓を酷使した結果)、胃が下がれば腸が圧迫されます。
胃の機能は著しく低下し、便秘もしやすくなります。

あと、骨格が原因で下がることもあります。
わかりやすいのが、産後、骨盤が広がることによって内臓全体が下がり、その器の分だけどんどんお肉がついていきます。
骨盤矯正で骨盤を正しい位置に、内臓矯正で内臓全体を上に上げて、お腹周りのむくみ・老廃物をしっかり流してあげると、内臓の機能が確実にあがります。

便秘も解消されてきたのでそれが反射区である足裏に現れてきたのだと思います。

それと全身の骨格矯正によって、歩けば歩くほど、動けば動くほど内臓が活性化される骨格になってきているので、これからさらに元気になっていきますよ!


 

ご予約フォームはこちら

このページの先頭へ